交通違反になる車検切れには注意~車の整備は常に万全な体制で~

お気に入りのものを作る

まずは自作してみる

乗り物

車のシートを見て、汚れが目立ちそう、色が気に入らない、タバコの焦げ跡を隠したい、といったことがあるなら、シートカバーを使ってみてはどうでしょう。 さらに、シートカバーを買うお金をなんとか節約したいというのなら、自作する、といった方法があります。 裁縫が得意でなくても、ミシンがあればそれなりにできるので、一度挑戦してみると良いです。 まず、ゴミ袋などの透明な袋をシートに当て、縫い目に沿って線を引いていきます。つまり型紙をつくるというわけです。 それが出来上がったら、好きな布にのせて、書いた線に沿って切り出していくのですが、この時に、少し小さめにしておき、それらを縫い合わせれば完成です。 シートカバーを小さめにする理由は、その方がシートにフィットするので、見栄えが良くなるからです。

業者を使うのも良いです

自分でシートカバーを作ると、より愛着が湧くので良いのですが、完成度にこだわりたいなら、やはりプロの人にシートカバーを作ってもらう方が、より良いものが手に入ります。 もちろん既製品も売っているのですが、こちらは見た目よりも、どちらかと言えば、子供が食べ物や飲み物をこぼした時のためだったり、雨の日に濡れた体で座っても良いように、といった機能を重視したシートカバーが多いのです。もちろんその方が良いという人もいるでしょうが、自分だけのデザインにしたいなら、事細かく注文を出せるお店を選びましょう。 中には、素材から色の組み合わせ、形などといったことを選ぶことができたり、場合によっては専門家の意見も聞けたりと、とても便利です。