交通違反になる車検切れには注意~車の整備は常に万全な体制で~

小さいへこみ傷の修理法方

修理費用が安くなります

乗り物

車のボディに傷が付いたときは部品を交換するか板金修理を行うのが一般的です。 傷ついた部分の部品交換が可能な場合は、交換して修復する方法が最も完全な修理方法となりますが、その分値段も高額になります。 板金修理では傷ついた部品をハンマーで叩き出したり、パテなどを使って修復を行います。 広範囲の傷やへこみを修復することができ、部品交換よりも安価で修復することができるのでもっとも一般的に行われる修理方法です。 しかし部品交換よりも修理費用が安くなるとはいえ、やはり修理金額は高額となりがちです。 そこで最近注目されているのがデントリペアです。 デントリペアはヨーロッパで誕生した車の修復技術で、アメリカで発展し20年程前から日本でも広まり始めた技術です。

へこみ傷を修理します

デントリペアはドアやボディにできた小さな傷やへこみなどを修復する際に用いられる技術です。 専用のツールを使用しボディの裏側から少しづつ叩き出すので、板金修理などに比べ短時間で作業することができます。 デントリペアでは大きな傷やバンパーなどの樹脂部品などの修復はできませんが、小さな傷であれば板金修理よりもはるかに安い料金で修理することができます。 また板金修理では修理後に再塗装を行う必要がありますが、デントリペアでは元の塗装をそのまま生かすことができるので、修理部分の色むらなどが出る心配もありません。 車のボディの傷が比較的小さいときは板金修理を行う前に、デントリペアで修理する方法を検討してはいかがでしょうか。